口腔内衛生維持のための正しい歯磨きの仕方とは?!

2016y07m07d_062958223

 

歯磨きは口腔内衛生維持のためには欠かせない
毎日のルーチンだといえます。

ただ、その大切なルーチンを多くの人は正しく、そして
有効な形で実践できていない可能性があります。

せっかくやるのに全く効果のないやり方でやっていても
単に時間の無駄になってしまうわけなのでもったいないですよね?

 

中途半端に歯磨きしても虫歯や歯周病対策にもなりませんし、
口臭なんかも普通に出てきてしまいます。

 

歯磨きをより価値あるものにするための
ポイントをいつくかまとめてみました▽

 

①歯ブラシを自分仕様に

これは単に自分に合うタイプの歯ブラシを使いましょうということです。

歯ブラシの硬さ、大きさ、形状などは人によって
好みもあると思いますが大事なのはちゃんと磨けているか
どうかになります、。

自分があっていると思っても
歯ブラシが硬すぎて歯茎から出血とかしていたら
良くありませんしね

 

ある程度の時間はかける

単に長く歯磨きすれば良いわけではありませんが、
やはり、歯間等の細かい汚れや歯垢をしっかり落とすには
目安として5分くらいは時間をかけたいもの。

また、何かをしながら歯磨きをする場合は
効率が落ちるので、鏡の前で自分の歯をチェックしながら
丁寧に磨くと効率と質が上がります。

 

歯磨き粉選びも重要

より歯磨きを有効なものにするために
使う歯磨き粉にもこだわりたいところです。

虫歯予防、歯周病予防、口臭予防等、各種効果のある
薬用歯磨き粉もありますので、
そういったものを取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA